国内バイオプ業者で取引を始めて100万円を目指す!
国内バイオプ業者の比較ランキング2016年!今人気の口座はココだ!

バイオプで円高の予測が失敗しました

私がバイオプを始めたのは、ドル円がちょうど1ドル80円の頃でした。その当時は1ドルが100円以上だった頃から急速に円高が進んでいました。アメリカの量的緩和がますます拡大する様相で、ドルの価値はどんどん下がっておりました。

私は円高ドル安がまだまだ進行し、1ドル60円台まで円の価値が上がり、ドルの価値が下がると予測しました。そして、この1ドル80円の時点で20万円をドル円売りに投資しました。その後、円高ドル安は進行し、1ドル75円まで下がりました。この時点で10万円以上の利益が出ていた私はさらに投資額を10万円増やしました。

そして数週間後に当時の民主党の財務大臣が円売りドル買い介入を行い、1ドル80円近くまで円安になりました。この時点で私の利益はほぼ無くなってしまいましたが、ポジションは決済せずにそのままにしていました。するとまた円高に傾き、1ドル77円付近までになりました。まだまだ円高予測を諦めていなかったので、相場を静観していたのですが、この時ぐらいからジワジワと円安の方向にまた相場が動き始めました。

円安に傾いた原因は幾つかありました。一つは欧州危機が後退し、ユーロ円が円安ユーロ高に急速に傾いたのが原因です。それからアメリカの経済が回復し始め、雇用も改善し始めてきた為、量的緩和の出口戦略の議論が活発化し始め、ドルの価値が上がると予測する風潮になったのも円安ドル高の原因の一つでした。そして最も円安ドル高に影響したのが、自民党の安部首相による為替政策でした。この政策は輸出企業の業績を回復させる為に、円相場を円安の方向に持って行くものでした。 この円安の影響で私の円買いポジションは含み損が含み、結局強制決済されてしまいました。 私はこの一連の投資で、30万円を失いました。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイオプ業者を比較
このページの先頭へ