国内バイオプ業者で取引を始めて100万円を目指す!
国内バイオプ業者の比較ランキング2016年!今人気の口座はココだ!

トレーダーなら知っておきたい為替相場が動きやすい時間帯

バイオプ市場は、株式取引などとは違い、24時間取引することが可能です。忙しい方でも、空いた時間などを使って自由にトレードできることはバイオプの魅力のひとつと言えます。 ただし、注意しておくべきポイントがあります。24時間取引可能なバイオプ市場ですが、すべての市場が24時間開いているわけではないということです。それにともなって、マーケットの値動きにもそれぞれの時間帯で特徴があります。まず、最も早く市場がオープンするのが、オーストラリアやシドニーなどのオセアニア市場です。

続いて東京、シャンハイ、ロンドン、ニューヨークという順番で市場が開いていきます。オセアニア市場がオープンするシドニー時間では、ほかの市場がオープンしておらず、取引量が少ないため、価格が乱高下する傾向があります。そのため大きなポジションを持つ場合には注意が必要です。続いて東京市場がオープンする午前8時~11時ごろにかけては、日銀の政策発表などによってドル円などで価格が大きく動くこともありますが、市場全体の値動きは比較的おだやかでレンジを形成しやすい時間帯だともいわれています。

そして、日本時間15時頃から欧州の早出勢が相場に参戦しはじめ、16時過ぎにロンドン市場がオープンすると相場が活気を帯びはじめ、値動きが徐々に大きくなっていきます。そのため、日本のトレーダーの中にはロンドン市場がオープンする夕方から参戦するという方もいらっしゃいます。そして日本時間の22時頃にニューヨーク市場がオープンすると相場はその日のピークを迎え、値動きが最も活発になる時間帯に入ります。

特にロンドン市場とニューヨーク市場がともに開いている日本時間22時から深夜2時ごろにかけては、一日の取引量が最も多く、値動きも比較的安定しやすい傾向があります。短期トレードなどでは、一日の中で最も値幅をとりやすい時間帯ともいえるでしょう。 このように、バイオプには、時間帯によってそれぞれ値動きに特徴があります。ぜひ、ご自身のトレードスタイルに合わせて最適な時間帯をみつけてみてください。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイオプ業者を比較
このページの先頭へ