国内バイオプ業者で取引を始めて100万円を目指す!
国内バイオプ業者の比較ランキング2016年!今人気の口座はココだ!

テクニカル分析の基礎 レジスタンスとサポート

バイオプでは、それぞれの通貨の今後の値動きを予測するための手段として、大きく分けて二つの方法があります。 ひとつは、ファンダメンタル分析です。これは、政治経済・金融政策や、株価、あるいは地政学的な問題など、実体経済や国際政治をはじめとしたさまざまなファクターを考慮にいれ、そこから各国通貨の値動きの変動を予測するものです。 そして、二つ目が、テクニカル分析と呼ばれる分析方法です。 こちらは、価格の推移を表したチャートの値動きをパターン化し、そこから今後の値動きを予測していきます。この分析方法の根底には、「チャートはあらかじめ全てを織り込む」という考え方があります。

つまり、政治的な決定や、金融政策などの事項もチャート上のパターンとして認識できるという発想です。 今回は、そのテクニカル分析の基本的な方法として、レジスタンスとサポートを使った分析方法をご紹介します。 これは古くから使われている単純かつ信頼性の高い方法です。バイオプや株価のチャートでは、特定の価格で値動きが何度も押し戻されなかなか上値が超えられないポイントがあります。そのような特定の価格に水平線を引いたものをレジスタンス(抵抗線)と呼びます。ちょうど上に行きたいけれども天井に頭がつかえてなかなか上に抜けられないようなイメージです。

何度も上値が跳ね返された水平線は信頼度の高いレジスタンスポイントととして、再度跳ね返されることが予測され、値動きの分析の一助になります。 逆に、下値が下支えされて、ある一定の価格をなかなか下抜けしない地点に水平線を引いたものをサポート(支持線)と呼びます。こちらもレジスタンスと同様に、何度もその価格で下値が支えられ再上昇という値動きのパターンを認識するために多くのトレーダーに利用されています。

サポートを発見できれば、次にその地点に差し掛かった際にも価格が再度下支えされて再上昇するのではないかという予測がたち、トレード戦略を組み立てる上で有効な手段となります。 以上でレジスタンスとサポートを使った分析方法のの説明を終わります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイオプ業者を比較
このページの先頭へ