国内バイオプ業者で取引を始めて100万円を目指す!
国内バイオプ業者の比較ランキング2016年!今人気の口座はココだ!

指標は最低二つを利用していれば十分に役目を果たしている

バイオプのトレードを始めてからチャートのツールには、色々な種類があると調べて気づいたのですが、計算式が難しいだけでなく自分のバイオプトレードにはどれが合うのだろうなと困っていました。 なので、自分が試すほかないと思って周期ごとに使うチャートを変えていました。

最初に使用したのは、RSIですがこれはオシレーター系の指標のチャートでした。 線が少ない単純なところが気に入りましたが、単純なぶん細かいところはわかりづらいのが難点でした。 つまりレンジ相場だと表示がまんなかあたりを上下に動きやすいですが、トレンド相場だと上ばかりや下ばかりで、表示が出にくくなります。 また次に使用したのは、トレンド系の移動平均線でしたがこちらは線の平均を分析の日にちを変えることなどで、表示の線が動いて数本の線が分かりやすかったです。

特にゴールデンクロス線と呼ばれる、短期の線が長期の線を下や上に追い抜くというサインは使用していて面白味がありました。 RSIとは違って、トレンドが出やすい時期のほうがこのゴールデンクロスが出やすいこともあり、使い勝手が違うのだなと思いました。 指標のチャートは一つだけだと分析にこと足らないこともあります。 なのでレンジ相場に強い指標と、トレンド相場に強い指標をそれそれ見ていることで二つの場面に対応できるのではないでしょうか。

とは言うものの、指標はテクニカル系など様々な指標があり、バイオプのチャートツールにはもともとセットされています。 けれど、それらをすべて自分が使いこなせるかというとそうではないと思います。 指標をたくさん使うと、様々なサインが頻繁に出てエントリー、決済のタイミングをむしろ見失います。

なので指標は最低二つを利用していれば、一つではなく、また多くではなくても十分に役目をはたしているのだと感じています。 また、指標のチャートは設定の数字を変更するだけで全然違うサインが出ます。 なので自分の取引パターンに合わせて色々変えていくというのもいいと思いました。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイオプ業者を比較
このページの先頭へ