国内バイオプ業者で取引を始めて100万円を目指す!
国内バイオプ業者の比較ランキング2016年!今人気の口座はココだ!

バイオプのやり方と相場の意味

バイオプとは、初めての方でも始めやすい外国通貨取り引きの1つです。外国通貨取り引きと聞くと難しいと感じる方も多いですが、実際にはそんなことはないです。バイオプを簡単に説明すると、トランプのハイ&ローという遊びで、場に数字の7が出ている時に、次に出るトランプが7より小さいか大きいかを当てる単純なゲームですが、このトランプが通貨に変わったと考えれば分かりやすいです。

現在の相場が1ドル100円だと考え、10分後の相場が100円より下がるか上がるかを当てるのがバイオプのやり方です。実際に始めるともう少し細かな知識が必要となりますが、根本的な原理としては同じなので分かりやすいです。良く聞く株やFXは難しくて全然わからない方でも、バイオプならスムーズに始められます。

お金の価値と言われると100円は100円と考えてしまいますが、これは日本国内だけを基準とした時の考えとなり、外国のお金が絡んでくるバイオプでは違ってきます。分かりやすいのが物の値段で、悪天候が続き野菜が取れなくなると値段が上がってしまい、去年100円で変えたものが今年150円でないと買えなくなってしまい、1ドル100円や1ドル150円という値段が相場と言われるものです。

そう聞くと1年間で1ドルの価値が50円変わっていますが、実際では秒単位で1ドルの値段は変動します。これを現時点と比べて下がるか上がるかを2択で当てるのがバイオプで、現実では下がるか上がるかではなく円高か円安という言い方になり、1ドル100円を基準とした場合、90円になったら円高で110円になったら円安になります。円の数字が小さいのに円高になるのかと混乱してしまう方もいますが、これは円の価値が上がったので円高といい、数字が大きいと円の価値が下がったので円安といいます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイオプ業者を比較
このページの先頭へ