国内バイオプ業者で取引を始めて100万円を目指す!
国内バイオプ業者の比較ランキング2016年!今人気の口座はココだ!

国内バイオプ業者に対する金融庁の新規制について

2013年8月に金融庁のバイナリーオプション規制が施行されました。世間では規制が厳しくなったと評価されていますが、逆に言うと顧客の安全を守るためでもあるので、今から始めるような初心者の方には規制で守られている国内バイオプ業者を比較して利用すると安心です。その中でも、特にお薦めなのはこの会社です↓

FX取引高世界第一位の圧倒的信頼感!GMOクリック証券の新・外為オプション

ここがポイント

FX取引高世界第一位のGMOクリック証券が運営

新・外為オプションの特徴まとめ
  • 1000円未満で取引を始めることが可能!
  • ペイアウトは1000円固定!
  • 途中売却で満期を迎える前に損益確定!
取引単位 ペイアウト 判定時間 取引通貨ペア
1枚
1000円
未満
1枚
1000円
固定
2分 5通貨ペア
USDJPY EURJPY
GBPJPY AUDJPY
EURUSD
取引時間
月曜日から金曜日の午前8時から翌朝5時
設定時間
各通貨ペアごとに1日10回、3時間単位
FX取引高世界第一位の圧倒的信頼感!GMOクリック証券の新・外為オプション
↑口座開設だけなら費用はかかりません↑
国内バイオプ比較の説明はこちら

初心者でもわかりやすい国内バイオプ比較の仕組み

バイナリーとは2者択一のという意味の言葉です。言い換えると、基本的に値段がどうなるかを予測する単純な取引方法です。これには「満期」が設定されており、時間が来ると自動的に清算されるようになっています。

FXや株のように買うときと売るときのタイミングを狙いながら取引する必要もありません。FXでは価格が急激に動くと、預けてある証拠金以上の損失を出して口座がマイナスになってしまうことがあります。それは借金という扱いになってしまいますが、バイオプは購入した金額以上の損失は出ません。

日本で取引できる大部分が「ラダーオプション」と呼ばれる取引タイプのものです。これはいくつか価格帯が用意されており、そのラインを超えるか超えないかを予測するものです。

例えば、現在のドル円が100円のとき、100.0円、100.1円、100.2円、99.9円、99.8円などに執行ラインがあります。現在の価格がすでに100.0円のラインに乗っているため、このラインの上下のオプションは80~90%のペイアウトで提供されます。100.1円のラインで見ると、既に100.1円以下のラインには入っているので、リスクの低いものとなり、100.1円より上を予測することはリスクが高い取引になります。

リスクの高さや価格の動きによって価格が変わります。トレーダーはそれらの価格を判断しつつ、満期時の価格が購入するオプションより上か下かを予測します。購入時の価格が失敗したときの損失額となりますので、購入後にどんなに価格が変わろうとも損失が膨らむことはありません。ペイアウト率はバイオプを提供している会社によって異なります。満期の時間も会社によって違うので、得意な時間帯のオプションを提供しているところを比較して口座開設すると良いでしょう。

バイオプを始めたみんなの口コミ

口コミ

初心者が国内バイオプ業者で取引をする際の注意点

man

投資と言うとFXや株等が有名です。投資を始めてみたいと思っていても初心者には敷居が高い、投資は怖いイメージがあると敬遠している方に国内バイオプ業者での取引をオススメします。 これは簡単に言ってしまうと10分後の相場が現在の相場よりも高くなるか、低くなるかを予測する物です。トランプゲームのハイアンドローと考えてもらって構いません。

FXや株と比較すると単純なルールで、投資資金が少なくても参加可能、仮に予測を外してもFXのように莫大な借金を抱えるようなリスクは低いので、投資初心者にも始めやすいのが特徴と言えます。 口座は国内、海外を問わず多数ありますが、中には出金拒否や約定拒否をする詐欺まがいのことをする会社も紛れていますので、海外業者を検討している場合には注意が必要です。ネットで情報を集める事も重要ですが、怪しい会社を推薦しているブログやサイトもあります。また、スパムメール、迷惑メールで紹介されるバイオプ業者は詐欺の可能性が高いので十分注意をしてください。(参考PDF

初めて取引をするなら国内大手を選ぶべきだと思います。取引画面や管理画面のサンプル、取引のデモが体験できる会社で取引の感覚を掴んで、自分が一番使いやすいところを選んでください。 また、初心者が取引をする際にはできるだけ少額から始める事をおすすめします。慣れていないうちから高額の取引は危険です。確かに難しいルールはありませんが、実際のハイアンドローのように単純な物ではなく、相場の流れがあるからです。

最も大切なのは冷静さを保ち続ける事です。自分の目標金額を決め、目標金額まで達したらこれ以上の取引はしない、5回チャレンジして3回負けたらその日は手を引く等、止める線引きをきっちりしましょう。負けを取り戻すために高額で取引をして損失を出す、調子よく勝ち続けてしまって引き際を見失い損失を出すケースが多くあります。

口コミ

空いた時間に副業をするなら国内バイオプ業者での取引がオススメ

man

最近、インターネットでは様々な副業が知られてきています。そのうちの1つがバイオプ業者での取引で、主にアメリカドルと日本円といった外国為替の価格が指定された時刻に現在よりも上がっているか下がっているかを予測する金融取引です。外国為替の取引というと、外国為替証拠金取引が有名ですがFXとは違います。FXは外国為替を購入してから、ある程度価格が動いた後に決済しなければいけません。

バイオプは購入した後、指定された時刻に価格がどう動いたか判定が出るまで待つだけなので、ずっとパソコンの画面を見ている必要がありません。FXのように外国為替を購入してから決済するまでパソコンを見ている暇がない人に向いている金融取引です。取り扱いがある業者の中でも国内と国外ではシステムに違いがあります。特に国内の方は2013年11月に金融庁の規制が入りルールが大幅に変更されました。それまでは購入してから判定されるまでの取引時間が5分や10分といった短期的な取引が可能でしたが、規制が入った後は取引時間が最短2時間になりました。

また、規制前は予測が当たった場合にペイアウトと呼ばれる獲得できる金額の倍率が固定だったのに対して、規制後は獲得できる金額は固定されており、購入金額がその時の価格によって変動する形に変わりました。国外の業者では購入金額は固定あるいは利用者が決めることができてペイアウトの倍率も決められています。取引の方法も、指定された時刻に現在よりも価格が上がっているか下がっているかを予測する従来のものや、60秒を基本として2分や5分といった短期的な取引ができるものなど、利用者の好みやスタイルにあったものを選ぶことができます。

他にも、国内と国外では登録の方法や入出金の安全性などが違います。副業を始める場合、メリット・デメリットを比較して十分に理解しておく必要があります。

バイオプとは

バイナリーオプションというのは投資の一つであり、二者択一の選択をして予測が当たった場合はお金が手に入り、外れた場合は投資した分のお金が失われる金融商品です。 投資というと株やFXなどもありますが、それらよりも単純な構造となっているために初心者でも参加しやすいのが特徴です。

例えば、為替相場で1ドルが100円だったとし、指定された時間が経過した時の為替相場が1ドル100円よりもどうなるかを予測します。予測するのは何も為替相場を用いるだけでは無く、金の相場などを利用する事もありますが、いずれにしても二者択一の選択であり単純な方法であるという事には変わりがないです。

何も考えずに当てずっぽうで予測した場合は単に50%の確立のギャンブルと同じですが、相場を予測するのであれば相場を分析して値動きを予測する事によって、上手く分析できていればもっと予測を当てる確立を上げる事も可能となっています。

また、FXとは異なって投資した金額以上の損失が出てしまうという事は無く、短期間で取引が終わるという特徴があります。 100%必ず勝つという事は出来ず、上手くリスク管理を行いながら投資を行う必要があります。 いくら投資した以上の損失が出るという事は無いとは言え、リスクを考えずにどんどん投資していたのではいずれはお金が尽きてしまう可能性が高く、リスク管理をする事が大切です。

万が一、投資で破産する事になったとしても、それは自己責任となるので無計画に投資する事は避けるべきです。 なお、単純であるために適当に予測しても50%の確立ではありますが、実際に勝率が50%である場合は赤字となる可能性が高いです。 掛け方にもよりますが、負けた場合は掛け金が失われるのに対して、買った場合は2倍になるのではなく、その一部のお金は証券会社の利益となるためです。 そのために、バイオプで儲けようとする場合は勝率が50%を超えるようにすべきです。

国内バイオプ業者のご紹介

星

新・外為オプション

ここがポイント

FX取引高世界第一位のGMOクリック証券が運営

新・外為オプションの特徴まとめ
  • 1000円未満で取引を始めることが可能!
  • ペイアウトは1000円固定!
  • 途中売却で満期を迎える前に損益確定!
取引単位 ペイアウト 判定時間 取引通貨ペア
1枚
1000円
未満
1枚
1000円
固定
2分 5通貨ペア
USDJPY EURJPY
GBPJPY AUDJPY
EURUSD
取引時間
月曜日から金曜日の午前8時から翌朝5時
設定時間
各通貨ペアごとに1日10回、3時間単位
FX取引高、世界第一位のクリック証券、公式サイトで新規口座開設
↑口座開設だけなら費用はかかりません↑
星

YJFX! オプトレ!

ここがポイント

Yahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社の100%子会社

YJFX! オプトレ!の特徴まとめ
  • Yahoo! JAPANグループのFX会社!
  • 選べる通貨ペアが8種類と豊富!
  • ラダー、シングルレンジ、ワイドレンジ対応!
取引単位 ペイアウト 判定時間 取引通貨ペア
1口
10円
~990円
1口
1000円
固定
1分 8通貨ペア
USDJPY EURJPY
GBPJPY AUDJPY
NZDJPY EURUSD
GBPUSD AUDUSD
取引時間
月曜日から金曜日の午前7時25分から翌朝5時25分
設定時間
各通貨ペアごとに1日11回、2時間単位
ヤフー系列の会社だから安心、公式サイトで新規口座開設
↑口座開設だけなら費用はかかりません↑
星

選べる外為オプション

ここがポイント

為替レートの方向を予測する金融商品

選べる外為オプションの特徴まとめ
  • 1枚あたり約50円~999円で取引可能!
  • スマートフォンアプリがついに登場!
  • ペイアウトは1日10回!
取引単位 ペイアウト 判定時間 取引通貨ペア
1枚
約50円
~999円
1枚
1000円
固定
2時間 4通貨ペア
USDJPY EURJPY
GBPJPY EURUSD
取引時間
月曜日から金曜日の午前8時から翌朝4時
設定時間
各通貨ペアごとに1日10回、2時間単位
クリック証券と同じGMOグループ、公式サイトで新規口座開設
↑口座開設だけなら費用はかかりません↑

国内バイオプ業者で取引をした際の税金の話

為替取引や株式取引で利益を得た場合は税務署に申告をしなくてはなりません。それはバイオプも例外ではありません。現在日本ではデリバティブ取引は申告分離課税となっています。そのため、FXとバイオプの利益と損失は合算して申告することが可能です。株式取引については譲渡税に該当するため合算することはできません。

申告分離課税の場合、損失が出ても3年間は損益通算をすることができます。損失が出ても申告をしておくと翌年以降の3年以内に利益が出た場合、利益と相殺することができます。ただし利益があった次の年に損失が出て、前年収めた税金を返してもらうようなことはできません。ただし、これは国内の業者を利用した場合に限ります。海外の業者を利用していた場合は雑所得扱いとなります。雑所得は年間で20万円までは非課税となっています。

また申告分離課税の損益通算のように、他の年の損失を埋めるようなこともできません。損失が出ていた場合は申告しなくても問題ありません。申告分離課税では税率は一律20%となっていますが、雑所得は他の所得と合わせて、所得税率が変化します。他の収入が少ない場合は雑所得扱いのほうが得をしますが、収入が多い場合は40%近くが税金で持っていかれてしまうので気をつけなくてはなりません。

特にバイオプは種銭が大切な取引です。種銭がなくなってしまうと、取引に支障をきたす場合もありますので、税金で収める分は必ず確保しておきましょう。税金が高くなると翌年の保険料も高くなってしまいますので、その分も忘れずにとっておかなくてはなりません。

短期的に大きく利益を出すことができる商品ですが、損失が膨らむときも早いです。商品の特性をしっかり理解し、一箇所に集中投資するのではなく、リスクをうまく分散することで長く取引を続けられる体制を作ることが出来ます。海外で取引する場合は、出金トラブルが起きないように信用できる会社を選ぶと良いでしょう。

狙い目だけを見て取引すればボロ負けしない国内バイオプ

円安の動きが強く今はバイオプ比較して取引をする時期じゃない。そう考えてしまうのも無理はありません。とはいえ、実際の市場ではテクニカルの変動はもちろん、急に円高に振れて振り戻しが起こることもしばしばです。今は円安基調であるがゆえに、相場を読むことは難しいかもしれませんがチャートに張り付いておけば、急な円高に振れた時をねらって取引をすれば振り戻しを十分期待できるのです。

逆に言えば、今の相場でボロ負けする可能性があると言えるのは、ロングで持ち続けて急に円高に振れた際にロスカットされることなど握り過ぎた結果の損失のパターンが大きいです。円安基調ながらすでに天井を迎えつつあるという分析もあり、このまま持ち続けるよりもちまちまとチャートに張り付いて利確をしていく方が勝ち続けることができます。

私自身チャートはいつも見ていますが、実際に取引するのは日に2~3回とかなり少なめです。レバレッジも低めに設定しているので利益も大きくはありませんが、ほぼ負けないことが強みです。負けても一度円高に振れたときにドルを買っていることが多いので、更なる円高といってもたかが知れています。そうやって少額でも良いので利益が欲しい人は、ボロ負けしないようにできています。

今の戦略は円高に振れたらドル買い、自分で作った基準以上に円安になれば売る。さらに円高の兆しが出て、実際に値が動きはじめたら損切りする。このルールを最後まできっちりと運用していけば、ボロ負けも無く勝ちを拾っていくことができます。これらの流れをつかむのに慣れてきたらバイオプを始める前になんとなく感覚がつかめると思います。

国内と海外のバイオプ業者の違い

昔日本で取引されていたバイオプは、現在海外で取引されているものと似たものでした。しかし2013年の11月から金融庁がバイナリーオプション規制を開始し、レンジ外という業者の利益になる価格帯の設定の禁止、最低でも2時間以上間をあけた開催として、短期間の取引を禁止しました。また購入価格は変動性にし、リスクに応じた取引ができるようにもしました。

現在国内で取引されているものは主にラダータイプと呼ばれる取引方法です。 海外にももちろん金融派生商品を規制する当局はあります。しかし短期間の取引の禁止などはされていません。そのため短期間の取引から長期間の取引まで、さまざまな投資をすることができます。

取引方法もたくさんあり、購入したタイミングから上下を予測する「ハイロー」、国内同様にいくつかの価格帯が設定されており、その価格から上に行くか下に行くかを予測する「ラダー」、時間までに決められた価格にタッチすることができるかどうかの「ワンタッチ」、判定時に決められた価格を超えているか超えていないかを予測する「レンジイン」「レンジアウト」があります。レンジインとレンジアウトは、ラダーととても似ている取引方法です。

日本国内で規制が始まったことにより、トレーダーの一部は海外で取引を開始しました。海外には非常にたくさんの会社があり、中には規制当局の監視下にもなく出金がスムーズに行えないなどのトラブルをおこした会社もたくさんあります。また、TwitterやFacebookでスパム広告をたくさん打ち出した結果、危ない取引だと思われることも多くなってしまいました。しかし、バイオプはFXや株と比較すると一時的な値動きに対するリスクヘッジができる商品です。実体のないような危ない海外の会社を利用しない限り、初心者でもわかりやすい安全な取引方法だと言えます。

口座開設の流れ

口座開設の流れ
王道のバイオプ業者で始めるなら

■GMOクリック証券 新・外為オプション

↑無料の新規口座開設はこちらから↑
Yahoo! JAPANグループのFX会社!

■YJFX! オプトレ!

↑無料の新規口座開設はこちらから↑
このページの先頭へ